YouTuberのはじめ方(超初級編1)

最近YouTubeをはじめてみたいって思ってるんだ。YouTuberになってお金を稼ぎたい。まあ、そこそこで良いからお小遣いを稼ぎたいんだ。

とりあえずは何から始めれば良いのかな?

YouTubeで稼ぐ

YouTubeは稼げないとか1再生0.1円とか言われますが、実際はどうなのでしょう?

1再生辺りの金額は、その人によって単価が違うようですがある程度登録者数を獲得できればそれなりの収益にはなるようです。

実は登録者1000人がYouTubeの収益化ができるラインなのです。YouTube Studioの「$収益受け取り」を開くと以下の様に書いてあります。↓

2019年11月現在、登録者1000人(収益化ライン)は上位15%だそうです。

登録者数

  • 1000人 上位 15%
  • 5000人 上位 5%
  • 10000人 上位 3%
  • 50000人 上位 1%
  • 100000人 上位 0.4%
  • 500000人 上位 0.05%
  • 1000000人 上位 0.02%

凄いですね。

でも1000人登録してもらえれば、収益になるのです。1000人はしょぼく感じるかもしれませんが、お小遣いにはなりますね。50000人になるとYouTubeで生活できるようです。

誰でも登録できるので、まずは始めてみることですね。

チャンネルの作り方

YouTube自体は誰でも簡単に始めることができるわよ。しかも無料!

スマホ一つあればはじめられるわ。YouTubeを開いて動画をアップロードをすれば良いだけ。

やりたい内容は何か決めているの?

うん、今のところ特に決まった事は考えていないんだ。どんなことを発信していけば良いだろう?僕には何ができるかな?

う~ん、早速難問にぶち当たった。

初めは何でも大丈夫。とりあえず自分の好きなことや趣味、得意なことを発信していけば?

例えば、料理、ダンス、キャンプ、DIY、新商品のレビュー、旅行など。

ここで一番大切なことは継続して発信していくことね。ほとんどの人は、はじめてから3か月も経つとネタ切れや諦めで辞めてしまう人が多いみたい。何でも続けていくことが大事よ。

まずは100本の動画を上げていくことを目標にしていきましょう。

この100本は勉強のための100本。どんな内容をアップしていけば再生回数が伸びていくかを勉強するためで、色々とやっていくうちにどんな内容の動画が伸びるのか分かってくるから。

 

じゃあ「俺チャンネル」でもはじめてみようかな。

ちょっと待って。よくある「名前チャンネル」っていうのも悪くはないんだけど、あなたはそのチャンネル名を聞いてどんな内容のチャンネルなのか分かるの?

いや、分かんない。言われてみればそうだよね。芸能人とかヒカキンとかかなり売れている人なら良いだろうけど、無名の「俺」が急にYouTubeはじめたって見ようと思わないよね。

そう。だからチャンネル名に内容をかませて作ったほうが良いの。

例えば「俺クッキングチャンネル」とか「俺旅ブログ」「俺のクローゼット」「俺の猫」「俺キャンプ」などね。

ずっと分かりやすいでしょ?

確かに全然違う。こうすることでその内容に特化して発信していくことで、そこに興味がある人が登録してくれそうだね。

チャンネル名について

はじめに発信内容を絞って、それに基づいたチャンネル名にします。その為には、動画がなんでもごちゃ混ぜだと上手くいきません。YouTubeで収益を考えるなら、特化型に限ります。

分かりやすいチャンネル名がお勧めです。例えば、◯◯クッキング、◯◯のキャンプ動画、◯◯のクローゼット、◯◯のDIY工房など。

あとなるべく続けられるような投稿内容が良いと思います。そうでないと、最初はよくても5動画程度アップした時点で続かなくなります。なぜか?再生数が稼げないからです。でもこれって当然ですよね。だって何にも知らない人がひそかに投稿はじめても誰も知らないからです。これはブログでも一緒のことですが、100個くらい動画を上げないと知らない人の目には止まりません。だからとりあえず継続できるネタで勝負しましょう。つまり、その内容がわかりやすいチャンネル名にしておこうってことですね。

YouTubeチャンネルの登録方法

手順とやることは簡単です。

1.グーグルアカウントを取得する。

すでに持っている人はそのまま使用しても構いません。

アカウントがない人は、簡単に作れますので作成しましょう。グーグルアカウント作成でググッて見てください。すぐに作れます。

2.YouTubeページを開いて、グーグルアカウントでログインする。

3. 画面の右上にあるビデオカメラマークをクリックして、「動画をアップロード」をクリックしてアップロードしていくだけです。

以上簡単ですが、本当にこれだけです。

笑っちゃいますが、娘が2歳くらいの頃の話、その娘自身が動画をアップロードしていました???

もちろん娘がiPadの画面をいじくりまわしていての誤っての操作なのですが、「動画投稿ありがとうございました。」みたいなコメントがYouTube画面に出ていてびっくりした記憶があります。当時は動画アップなど考えてもいなかったのにこんなに簡単にアップできることに驚きました!

お勧めのジャンルは?

ジャンル選びは非常に大切です。いくら自分にとっては面白い動画をアップしても、その内容に興味がない人はその動画を見ませんよね。例えば「アリの観察の動画」などを出したとしても全く見る人はいないと思います。

つまりみんなに見られる内容を意識して動画を作る必要があrます。ではどんなジャンルが受けるのでしょうか?

大食い 

 若い女の子が大食いする動画は結構再生されますね。でも顔出し必須だし、誰もができる訳ではないですね。

ガジェットのレビュー系動画

 このジャンルは見る人がそれなりに居るようですが、もう既に強い人が決まっているからこれから参入しても再生数は稼げないでしょうね。

スクープ映像

 なかなかスクープに出会えるチャンスは少ないでしょうから、継続してアップすることは難しいです。一度バズればそれなりの再生回数が稼げるかもしれませんが、その一瞬で終わりかもしれません。

料理

 料理動画は需要は多そうです。でもcookpadなどとても強いページがあるので、普通に勝負しても勝ち目は無いでしょう。

何かオリジナリティーを出す事が必要です。

自給自足の食材のみで作るとか、日本ではあまり知られていないが海外ではメジャーな料理とか。

ハウツーもの

ブログの作り方、DYIでリフォーム(壁紙貼る、ペンキ塗るなど)するとか、車にドラレコ取り付けるとか、ちょっと自分でも出来そうかな?というレベルの動画。

ゲーム実況系

これも好きな人は見るでしょうね。ゲーム実況系は子供もたくさん見ているようです。うちの小学生も多分にもれずよく見ています。ゲーム好きな人には良いかもしれません。特別顔出しも必要ありませんね。

まあ、どれもやってみないと分かりません。とりあえず考えないで行動に移す事が大事です。やってみて、これならいける、これはイマイチなど分かってくることも多いと思います。

「習うより慣れろ」です。

初めから完璧な動画を出そうとしても無理な話。いくら頑張って作ってもどうせ誰も見ません。って言うと極論過ぎますがそんなものです。ブログと同じです。

だから、ある程度の動画が撮れたらアップしてしまいましょう。

数をこなしていくうちに段々とコツが掴めてきます。

まとめ

まずYouTubeを始めようと思ったら、行動してみることです。不完全で良いのです。完璧を求めるよりも不完全で良いから行動を起こしましょう。

最初はお手持ちのスマホで撮った動画で十分です。カメラなどの機材を最新の物でそろえる必要はありません。

そして最初は編集ソフトは要りません。だから編集の方法も勉強する必要はありません。間違ってもYouTuber専攻の専門学校へ勉強しに行ってからなんて思わないように!

まずは行動(動画をアップ)して、後から自分に足りないと感じた物を足していくスタイルで良いのです。ある程度やってみてから勉強を始めても遅くは無いと思います。

あと複数の動画を溜めてから出す必要はありません。撮って出しで構わないので、1本撮ったら出しましょう。

 

もしダメ出しのコメントがついたなら。。。

喜びましょう!自分の撮った動画に反応があったのです。結果はどうであれ、そのコメントをくれた人は見てくれたのです。そして反応してくれたのです。嬉しいじゃないですか?

そのコメントを参考に改善していけば良いのですから。

という訳で、まずは行動してみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です